20代と30代の転職

私は20代の時と30代の時にそれぞれ一回ずつ転職活動をしました。その時に感じたのは20代の時は、それまでの職歴よりもこれからの伸びしろやモチベーションの高さなどが評価されるような気がしました。なので、全く関係ない業種への転職でも比較的簡単で、色々な業種から選べるような立場でした。しかし、30代になって転職をしようとなった時には、以前の職歴と関係のない仕事に就くのはとても難しかったです。

面接の段階でも、20代の時は大学で勉強したことは何かや、どういう理由で志望したのかということを聞かれましたが、30代になってからは今までの職歴を生かしてどうやって貢献できますかなど即戦力としてみられることが多かったです。この経験から私の考えとしては天転職で自分に合う業種を見定めるのは20代のうちにするべきで、30代になると身動きが取りにくくなってしまうということです。しかし、30代に入ってから自分が今の業種にあっていないと気づくこともあると思うので、そういった時は比較的年齢層が高い企業に転職を考えるべきです。そういった企業は、30代でもまだ若手と見てくれるので業界未経験でも受け入れてくれる可能性が高いからです→タクシー求人東京

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です